現代のお子様は目まぐるしく変わる環境でたくましく生きることが求められますね。個性は求められるが、あればどうフィットしていくのか難しい時代でもあります。 最近では学校側もそんな環境変化に応じ、変わりつつあります。今回の特集では北米で①ギフティッド、②学習障害、③不登校など、日本ではなかなかサポートを探すのが難しいお子様に対する準備のあるカナダの学校をご紹介致します。

Gifted(ギフティッド)という言葉をご存知でしょうか?

日本ですと単にIQが高い・天才と括られてしまう事も多いですがもちろん学力や知力もトップレベルでなければ推薦は受けられませんが、より重視されるのは「想像力とアントレプレナー(起業家)としての資質」だそうです。

最近では2014年春、大川翔君という日本人のギフティッドがカナダのメディアを騒然とさせる快挙を成し遂げたことが記憶に新しいですね。9歳でギフティッドに認定された翔君は、12歳のとき飛び級をしてトーマス・ヘイニー高校に入学。そして、14歳にしてカナダの名門大学5校に合格(マギル大学、ブリティッシュ・コロンビア大学、トロント大学、サイモン・フレーザー大学、ビクトリア大学)。

いずれもカナダを代表する一流大学であり、翔君が進学を決めたブリティッシュ・コロンビア大(UBC)のライフ・サイエンス部門はカナダで第1位にランキングされる超難関部門です。天才、奇才と呼ばれる翔くんまで行かなくとも日本では飛び級自体が珍しいのでは無いでしょうか。折角の才能を埋もれさせてしまうのでは無く、是非海外へ飛び出してチャンスを掴みませんが?

Gifted(ギフティッド)のお子さん向けにオススメなスクール
Choice School(私立)

このスクールの詳細はこちら

Thomas Haney Secondary School(公立)

このスクールの詳細はこちら

近年増えてきている学習障害、Learning Disability(LD)

種類には、読解(ディスレクシア)、数学(ディスカルキュリア)、書き取り(ディスグラフィア)などがあります。全般的な知的発達に遅れがないものの、聞き、話し、書き、推理する能力、算数の能力を取得したりするのが生まれつき著しく困難というもの。ですが、著名人物には学習障害を抱えた人もあり、俳優のトム クルーズやスティーブン スピルバーグ監督など読解困難でも自分の長所を生かして有名になり活躍している人も多数います。

LDの子は全体的な能力で劣っているのではないので高校、大学への進学もケースにより可能であり、障害に合わせた支援があれば十分に習熟・卒業が可能であるという事で、近年はこういったサポートをしている学校もあります。

学習障害のお子さん向けにオススメなスクール
Pacific Christian School(私立)

このスクールの詳細はこちら

学校に行きたくない、、行きたくない理由や背景は各お子様さまざま。

一度は思うかもしれない事ですが実際に行けなくなってしまうと本人も家族も大変ですね。心機一転、海外で不登校サポートのある学校を選び、新しい人生の幕開けをお手伝いさせてください。オールシーズンズでは不登校サポートのサービスもしていますので学校側だけでなく当社からもバックアップをさせて頂きます!


不登校のお子さん向けにオススメなスクール
BC Christian Academy(私立)

このスクールの詳細はこちら

オールシーズンズ親子留学のポイント

1)プログラムが選べる!!!
お子様はサマースクールやデイケア、体験入学などに参加、親御様は語学学校、おけいこ、フリー、カルチャーレッスンなど自由に組み合わせていただく事が可能です。
2)滞在方法が選べる!!!
短期であればホームステイやホテル、コンドミニアムなど、長期の場合にはアパートの手配などもお手伝いしています。
3)期間が選べる!!!
希望があれば最短1日でもお申し込みいただけます。長期の場合はビザの取得などもお手伝いできますのでご相談くださいませ。
4)安心のサポートをご提供!!!
オールシーズンズでは緊急時に備え24時間体制でサポートをご提供致しております。緊急時だけではなく、普段の生活のお悩みも現地生活の長いスタッフによる親身なフォローアップで安心です。

つまり、オールシーズンズでは完全カスタマイズ!!予算に合わせたカスタマイズも可能となっております。
まずは一度お問合せ下さい。