Gifted(ギフティッド)のお子さん向けにオススメなスクール

Thomas Haney Secondary School

(トーマス ヘンリー セカンダリー スクール)

【概要】

14歳でUBC大学に入った大川翔君も行っていた公立高校です。この学校では8年生以外は生徒全員がそれぞれのテーマを決め自己のペースで勉強していくプログラムです。担任制のようなシステムがあり、一人の担任の先生(アドバイザー)が25人までの生徒を持ち、生徒・クラスの先生・家を結び生徒が一番良い環境でのびのびと勉強したい分野を伸ばせるようにシステムが構築されています。生徒たちは自分のテーマやプログラムのスケジュールまで緻密に計画しやり遂げることを期待されており、決めたスケジュールが守れるようなフォローアップもされます。

【どのようなプログラムがありますか?】

学校全体が自律のある生徒ばかりですが、中でもギフティッドな子供たちにはギフティッドプログラムがありチームで問題定義や議論などを踏まえ個人の興味を引き延ばすようなプログラムになっています。生徒一人一人が各自のペースで学べます。 フランス語、スペイン語、日本語も教えており、またアートやコンピューターなどの最新テクノロジー、スポーツなども盛んです。また、独自の乗馬プログラムもあり4コースからなるプログラムもあり、乗馬を通して様々なことを学び単位にできるコースもあります。

【課外活動はありますか?】

環境保全のプログラムは全学年が参加出来、コミュニティだけでなく他の学校との共同参加となっており友達の輪が広がります。

【滞在形態はどのような感じでしょうか?】

寮はなく生徒たちは通っておりますが5キロ以上離れている生徒に対してはスクールバスを出しており安全に通えるようになっております。

【ESLはありますか?】

Dist42(教育委員会)としてESLのクラスがあります。

【どのようなサポートを受けられますか?】

英語が苦手な方でも、困ったときは現地スタッフが日本語でサポートする体制を整えております。また緊急時に備えて24時間対応しますのでご安心ください。その他、到着時のオリエンテーション、ホストファミリーや送迎担当者へのご紹介、生活カウンセリング、保護者様への定期報告、成績表の和訳や保護者会への代理参加など、幅広くサポートいたします。詳しくは、正規留学サポートのご案内をご覧ください。

【学校データ】

場所

メイプルリッジ、BC州

周辺環境

郊外・小さな町

創立

1992年

タイプ

共学

生徒数

1100人前後

学年

8年生~12年生

1クラス

人上限

留学生割合

0%

宗教

なし

なし

ESL

あり

なし

ホームステイ

なし

入学条件(英語力)

なし

選考基準

前年までの成績、能力を示す書類、学校訪問での態度など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
;