海外留学センターオールシーズンズ。アメリカ、カナダ、オセアニアのホームステイ、高校留学、短期・長期留学、ハワイ留学、親子留学、団体プログラムなんでもお任せください

home初めての方へwhats_new安心サポート団体プログラムお申し込み方法サイトマップ
カナダ生活情報
トップ>インフォメーション>カナダ生活情報>カナダ移住について
カナダ移住について
「大好きなカナダにずっと住みた〜い!」
カナダの魅力に取り付かれ、カナダに長い間住みたい、カナダで仕事をしたい、そう思う人は少なくありません。カナダで長期にわたって生活したり、働いたりする為には移民/永住ビザ が必要です。ここでは、その種類と移民の条件等をあげてみました。
事業移民には次の3つがあります
1.企業移民
2.投資移民
3.自営業移民
   
【事業移民】
1. 企業移民(Entrepreneur Class)
  カナダで事業を始める事を前提としたビザ。3つほど条件がある。
    (1) 今までに事業を所有していた、または経営、管理した経験がある人。管理職(部長・専務等)の経験も認められる。
    (2) 純資産が50万ドル以上あること。
・この純資産とは、家屋・自動車・保険・ゴルフ会員権・現金なども含まれる。
・自分で築いた資産が対象となる。よって、遺産・宝くじなどは除外される。
    (3) カナダに移民して2年以内に15万ドル以上の投資をして事業を始めること。
その際最低でも1人はカナダ人及びカナダ永住者を雇用すること。
2. 投資移民(Investor Class)
    カナダ政府が指定した民間プロジェクト、会社、もしくはカナダ政府関係に一定額を投資する事によって認められるビザ。3つほど条件がある。
    (1) 上記の企業移民の条件と同じく、事業経験があること。会社経営、管理、所有等。
    (2) 純資産が80万ドル以上あること。
・この純資産とは、家屋・自動車・保険・ゴルフ会員権・現金なども含まれる。
・自分で築いた資産が対象となる。よって、遺産・宝くじなどは除外される。
    (3) 政府が認めた投資ファンドに35万ドル〜45万ドルの投資をすること。その投資は5年間据え置きされる。
3. 自営業移民(Self- Employed Class)
    スポーツ選手や俳優、芸術家、作家といった専門技術や資格を持つ人が対象のビザ。
    (1) カナダで生活していくにあたって十分な資金があることを証明しなければならない。資産・雇用についての条件はない。
▲このページの先頭
【家族移民】
カナダの永住権、もしくは市民権を持ち、既に移住している人で18歳以上の者がスポンサーとなり婚約者、両親、祖父母、19歳以下の子供など主に近親者を呼び寄せる際に適用されるビザ。
(1) スポンサーとなるためには一定の所得が必要となる。1人あたり約2万ドル程度の所得があることを証明しなければならない。その際、過去12ヶ月にわたって要求される所得があったことを証明する必要がある。
(2) 19歳以下の子供であれば、親と一緒に永住申請ができる。19歳以上の場合は個人申請になる。
(3) 婚約者の場合、永住権申請後、カナダ入国してビザ発行されてから3ヶ月以内に結婚しなければならない。
(4) カナダの永住権、もしくは市民権保持者と結婚する場合の配偶者の呼び寄せには次の二通りがある。
・カナダ国外で結婚、申請した場合
永住権申請後、永住権を得るまで配偶者のカナダ出入国は自由にできる。
配偶者は最長滞在期間は観光ビザで半年まで。働く事は許可されていない。
・カナダ国内で結婚、申請した場合
永住権申請後、永住権を得るまでは配偶者のカナダ出国は認められない。
配偶者は国内のどこでも就労可能なワークビザが発給される。
▲このページの先頭
【個人移民】
上記の事業・家族移民以外で、移住希望者の職業経験、語学能力等を考慮し、カナダ市場が必要としている人材だと認められた場合に発行されるビザ。
移民希望者の職業、語学力、学歴等を点数に換算し、カナダ政府の定めるレベルに達することが必要。2003年に合格点が75点から67点に引き下げられた。(合格点は変更になる場合があるので注意。)
■個人移民採点表(例)
1. 学歴(25点満点)
  博士、修士課程保持者で合計17年以上のフルタイム教育または同等な時間数の教育を受けている⇒25点
  2年以上の大学卒で合計15年以上の全日制教育または同等な時間数の教育を受けている⇒22点
  2年以上の大学卒で合計14年以上の全日制教育または同等な時間数の教育を受けている⇒20点
  2年以上の大学卒で合計13年以上の全日制教育または同等な時間数の教育を受けている⇒15点
  ▼専門学校卒あるいは大学の学位以外
  3年以上の専門学校・訓練校卒業で合計15年以上の全日制教育または同等な時間数の教育を受けている⇒22点
  2年以上の専門学校・訓練校卒業で合計14年以上の全日制教育または同等な時間数の教育を受けている⇒20点
  1年以上の専門学校・訓練校卒業で合計13年以上の全日制教育または同等な時間数の教育を受けている⇒15点
  1年以上の専門学校・訓練校卒業で合計12年以上の全日制教育または同等な時間数の教育を受けている⇒12点
  高校卒⇒5点
2. 語学力(24点満点)
  ▼英語
  Reading,Writing,Speaking,Listeningの4つの分野が上級⇒16点
  Reading,Writing,Speaking,Listeningの4つの分野が中級⇒8点
  Reading,Writing,Speaking,Listeningの4つの分野が初級⇒4点
  ▼フランス語
  Reading,Writing,Speaking,Listening の4つの分野が上級⇒8点
  Reading,Writing,Speaking,Listening の4つの分野が中級⇒8点
  Reading,Writing,Speaking,Listening の4つの分野が初級⇒4点
3. 職務経験(21点満点)
  4年以上⇒21点
  3年以上⇒19点
  2年以上⇒17点
  1年以上⇒15点
4. 年齢(10点満点)
  21歳から49歳まで⇒10点
  それ以上は1歳年齢が上がるにつれて2点減点
5. 職場の有無(10点満点)
  既にカナダでHRDC発行のワークビザを取得・保持している⇒10点
6. 適応性(10点満点)
  配偶者の学歴が20点以上⇒3点
  配偶者の学歴が22点以上⇒4点
  配偶者の学歴が25点以上⇒5点
  申請者本人または配偶者が1年以上の職歴がある⇒5点
  申請者本人または配偶者が2年以上の職歴がある⇒5点
  カナダで今現在働いている(HRDCから許可されている職場)⇒5点
  カナダ国内に家族がいる⇒5点
▲このページの先頭
google このサイト内を検索
お問合わせ ライブサポート What's New トップページ オススメコース 人気コース サービス料金一覧 現地サポート内容